ユニットバスのリフォームはメリットが多い

疲れた体を癒したり体を清潔に保つために必要なお風呂ですから、毎日のお風呂を快適にするためにも老朽化したお風呂のリフォームを考えている方も多いと思いますが、特にカビが生えやすい・冬はお風呂が寒くなるなどといったお風呂に対する不満がある方は多いようですし、老朽化したお風呂は水漏れの心配もあり、マンションにお住まいの場合は特に注意しておく必要があります。


お風呂のリフォームは浴槽にはヒノキを使うなど自分の好みやこだわりを反映できる在来工法と、事前に工場で製造した浴槽や壁などの部材を現場で組み立てるユニットバスという2種類の工法があり、さらに床・浴槽のハーフユニットと在来工法を組み合わせたハーフユニットバスもあり、お風呂のリフォームを行う場合はこれらの工法の中から選ぶ事になります。



現在はそれらの工法の中でもユニットバスがメリットが非常に多いという事で主流となっていますが、ユニットバスは事前に工場で製造される規格化された浴室ですから、取り替え工事が3・4日で完了する場合が多く施工期間が短くて済むというメリットがありますし、浴室の床と壁の境目の部分が一体となっているため、水漏れの不安も少なく防水性に優れている事もメリットに挙げられます。



また、床と壁が一体になっているという事で在来工法より断熱性が高いと言われていますし、デザインに関しても種類が増えているのでデザインの自由度も向上しています。

OKWave情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

こういったメリットの多さからお風呂のリフォームはユニットバスが当たり前になりつつあるのは否めませんし、浴室の広さを広げる工事によってサイズが合わないというデメリットも解消される事が多くなっています。